ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

【超重要!】ゴルフはバックスイングで全てが決まる?|基本を解説

ドライバーのバックスイングって難しいな。アドレスからどうやって動き始めたらいいかもわからないし腕とか足とか気になるところもいっぱいあるし…正しいバックスイングってそうすればいいのだろう?

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

アドレスでポジションが決まってからいざ降り始めようとしても、

  • どのように動き出したらいいかわからない
  • 体が上手に回らなくて引っかかる感じがする
  • バックスイングのスピードがわからなくてフォームが崩れる
  • 体をひねる時、足をどのようにすればいいかわからない

このような悩みを持つ方は多いかと思います。

バックスイングで違和感を感じつつ勢いでそのままスイングしても、満足のいく結果になることは少ないかと思います。

足の動きや手の動き・手首・フェースの向きなど意識することがとても多く、何が正しいのかわからないのではないでしょうか。

そこで、正しいフォームを身に着け、飛距離を伸ばしたりスコアアップを目指すためにも、バックスイングについての疑問を解消していきたいと思います。

【本記事の内容】

  • ゴルフでのバックスイングの始動の仕方は?
  • バックスイングのスピードは?
  • 正しいフェースの向きは?
  • バックスイングにおける体の使い方

それぞれ解説していきたいと思います。

バックスイングの重要性

バックスイングは、スイング全体に影響を及ぼす大切な要素です。

※バックスイングとは
バックスイングとはアドレス後からトップにもっていくまでの動きのことを指します。

アドレスでしっかり形を作れたとしても、体が連動せず上半身と下半身がばらばらになってしまうと、結局いいスイングができません。その結果ミスショットにもつながります。

正しいバックスイングを行うことは、正しいフォームを身に着けるのに必須と言えます。

バックスイングの始動の仕方は?

バックスイングの始動の仕方は?

バックスイングの始動はパッティングと同じ動き方とイメージしましょう。

具体的には、腹筋の上部で体を回し始めます。

アドレスから体を一気に動かそうとすると、クラブの動きにブレが生じてしまいます。一方で腹筋を始点にすることでブレが最小限となります。

ブレを少なくすることは安定したスイングに繋がるため、スコアアップには欠かせない要素になります。

✓始動の際は腰は動かさない
始動の際に腰を動かしてしまうと、スイングの軌道がずれてしまい、オーバースイングの原因となってしまいます。腰を動かさず腹筋を始点に肩を回すだけです。

バックスイングは自分に合ったスピードで

バックスイングは自分に合ったスピードで

バックスイングのスピードは自分に合ったスピードにしましょう。

実際、バックスイングのスピードは速くても遅くてもさほど飛距離に影響はないです。実際にスイングスピードを計測している動画がありますので参考にしてみてください。

さゆーちゅーぶ! 高島早百合チャンネル:【検証動画】テークバックって速くorゆっくり?どっちがいいの?

やってはいけないことは、飛ばしたいあまりにバックスイングを急いでしまうことです。

バックスイングを急ぎ過ぎてしまうと、体の動きにクラブがついていかず、振り遅れの原因となってしまいます。

スライスについての詳細な内容は以下の記事を参考にしてみてください。
【必読!】ドライバーでのスライスの直し方とは?

飛ばしたいなら、焦らず自分に合ったスピードのバックスイングを行うようにしましょう。

バックスイング時の正しいフェースの向きは?

バックスイング時の正しいフェースの向きは?

バックスイングでのフェースの向きは、「斜め下」を向くようにしましょう。

背中のラインに平行な赤い線とフェースの向きが同じになるイメージです。

手首が返ってしまうと、フェースが上(天)の方を向いてしまいます。その結果、フェースが開いてしまいスライスの原因となってしまうためです。

ゴルフのバックスイングにおける体の使い方

バックスイングにおける体のそれぞれの部分について解説していきます。

  • 右ひじ
  • 手首

バックスイングでは右ひじはたたまない

バックスイングでは右ひじはたたまない

右ひじは畳まないようにしましょう!

バックスイングで右ひじを畳んでしまうと、クラブが寝てしまい強く振り下ろせなくなってしまいます。

右腕の使い方のイメージとしては、テニスラケットを振る時の様に、肘を体から離して背後に肘打ちするイメージです。

手首はコックを意識する

手首はコックを意識する

バックスイングの際は、手首のコックを意識しましょう。

コックについては、以前別の記事で紹介しましたので、そちらを参考にしてみてください。

ドライバーでのダフリの原因とは?『3つ』のステップで簡単に改善!

手首のコックはスイングの安定や、飛距離のアップにつながるので習得は必須です!

バックスイングでの膝の使い方

バックスイングでの膝の使い方

バックスイングでの膝の使い方について意識するのは以下の2点です。

  • 右膝は伸ばしつつ体の回転をサポートする
  • 左ひざは内側に入っても下げないようにする

右膝は伸ばしつつ体の回転をサポートする

体の回転の動きに合わせて、右ひざは伸びていきます。その結果、右腰と右ひざの位置は、左半身よりも高い位置となります。

バックスイングの際に膝の位置を止めると、腰の回転が止まってしまい体をひねりきることができずパワーが出なくなってしまいます。

右ひざは体の回転に合わせて自然と伸ばすように意識しましょう。

左ひざは内側に入っても下げないようにする

左ひざは内側に入っても問題ないですが、上下の動きはしないようにしましょう。

体の構造上、ひねりを加えていくことで、左足が内側に入っていくことは仕方のないことなので気にする必要はありません。

一方で注意したいのは上下の動きとなります。バックスイングで膝を下げるのは、NGです。膝を下げることでインパクトの際、体が上におきあがってしまいます。

  • クラブとボールの距離が変わってしまう
  • 目線がぶれてしまう

このことからミスショットが起きやすくなってしまいます。意識的に膝を下げているのであれば、直すようにしましょう!

スイングのチェック方法

スイングのチェック方法

スイングのチェック方法はスマホで実際に動画を撮って確認しましょう。

  • 始動がぎこちない動きとなっていないか
  • 体の使い方やフェースの角度がおかしくないか

上記の2点を意識してチェックしましょう。

まとめ

今回はバックスイングについて解説しました。

アドレスがしっかり決まってても、バックスイングの動きがぎこちないと結局正しいフォームで打つことができません。

意識すべき点は多いですがスマホで動画を撮ることでもフォームを確認することができるので、自分がどのようなフォームなのかを知ることも重要です。

今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!