ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

【ゴルフスイングの基本】握り方からフィニッシュまで全てがわかる!

ゴルフスイングの一連の流れでそれぞれ何に気を付けたらいいのかな?基本的なところを抑えて飛距離アップやスコア改善がしたい…。

今回はこんな疑問に答えていきます。

ゴルフは止まっているボールを打つだけの様に見えますが、アドレスからフィニッシュまでたくさんのフェーズがあります。

ゴルフを数年やっている方でも、それぞれのチェックポイントを抑えられている人はなかなかいないのではないのでしょうか。

自分はわかっているから大丈夫‼」と思っていても案外忘れていたりするもの。

何事も上達には基本を押さえることが大事です。

そこで今回は、ゴルフスイングの一連の流れでそれぞれ何を気を付けるべき点についてまとめました。

この記事を読むことで、ゴルフスイングの基本が抑えられ、飛距離アップやスコア改善に役立つこと間違いなしです。

今回紹介するのは以下の内容となります。

【本記事の内容】

  • ゴルフクラブの握り方で気を付けるべきこと
  • ゴルフスイングの基本!アドレス~フィニッシュまで
  • インサイドインのスイング軌道を意識しましょう
  • ゴルフレッスンで正しいスイングを身に着ける

それでは解説していきたいと思います。

ゴルフクラブの握り方で気を付けるべきこと

ゴルフクラブの握り方で気を付けるべきこと

  • 3本の指でしっかり握る
  • 斜めに握る
  • 右手は添えるだけ

グリップは、「 中指、薬指、小指」の3本に指でしっかり握りましょう。親指と人差し指は、添える程度でOKです!

左手の握り方は、グリップに対して垂直ではなく斜めです。斜めに握ることで、余計な力を入れずにしっかり握ることができるようになるためです。

一方で、右手は「添えるだけ」で十分です。左手一本でドライバーを振れるくらいの感覚がベストです!

正しく握ることの必要性

ボールを自分の思う方向へ飛ばしたり、スライスしないためにもグリップは大事になります。

正しく握れていないとミスショットが多発し、飛距離をロスしたり、無駄に打数が増えてしまうことも。

ゴルフクラブの握り方の詳細は以下の記事により詳細な内容を記載しています。
ボールを操る⁉ゴルフクラブの握り方と種類を解説【超基本!】

グリップの向きや握り方の種類についても解説しております。内容が気になる方は参考にしてみてください。

次の章以降では、アドレス~フィニッシュまでのスイングの基本について解説していきます。

スイングの土台となるアドレス

スイングの土台となるアドレス

ドライバーを安定させるには、スイングの土台となるアドレスを安定させることが重要です。

ゴルフでは再現性が求められるため、ただ何となくでプレーするのでなく、自分の中で明確な基準を作るようにしましょう。

アドレスで特に気を付けたいのが前傾姿勢となります。

✓前傾姿勢のポイント
リラックスして立ち、足の付け根から体を前に倒していきましょう。この際、猫背になってはいけません。

イメージとしては体を昔の携帯電話(ガラケー)の様に足の付け根から体を畳んでいきます。
前傾姿勢ができているかどうかで ドライバーの安定感は大きく変わります。

前傾姿勢以外にもアドレスでは、足の位置やボールの高さも重要です。

以下の記事ではドライバーを安定させる方法の中で、アドレスについて解説しています。ぜひ、記事を参考にしてみてください。
【超簡単!】ドライバー安定のコツはアドレスにあり!

バックスイングでいいスイングができるかが決まる

バックスイングでいいスイングができるかが決まる

✓バックスイングで気を付けたいポイント

  • バックスイングは自分に合ったスピードで
  • 正しいフェースの向きは斜め下

アドレスでしっかり形を作れたとしても、体が連動せず上半身と下半身がばらばらになってしまうと、結局いいスイングができません。その結果ミスショットにもつながります。

バックスイングは自分に合ったスピードで

バックスイングは自分に合ったスピードにしましょう。

多くの方は、「バックスイングが早くなればなるほど、飛距離でる」と思いがちです。しかし実際は、バックスイングのスピードは速くても遅くてもさほど飛距離に影響は出ません。

バックスイングを急ぎ過ぎると、体が連動せずクラブとの一体感のないスイングとなってしまいます。

飛ばしたいなら、焦らず自分に合ったスピードのバックスイングを行うようにしましょう。

正しいフェースの向きは斜め下

バックスイングでのフェースの向きは、「 斜め下」を向くようにしましょう。インパクトでフェースが開かなくなり、スライスを防ぐことができます。

具体的には、フェースは地面に対して45度の角度です。

一方で、地面に対しフェースが45度以上だと注意が必要です。インパクトでフェースが開いてしまう可能性があり、スライスの原因となってしまいます。

バックスイングのさらに詳細な内容については、こちらの記事で解説しています。
【超重要!】ゴルフはバックスイングで全てが決まる?|基本を解説

バックスイングの始動方法・正しい体の使い方についても解説していますので気になる方は参考にしてみてください‼

これまでの結果が現れるトップ

これまでの結果が現れるトップ

トップで意識すべき点は、

  • 重心の位置は左右均等に
  • トップで手首はまっすぐに

それぞれについて解説していきます。

重心は左右均等に

トップでの重心(体重)は左右均等です。

遠くに飛ばすには両足均等に体重を乗せる意識を持ちましょう。強く踏み込むことができ、パワーをボールに伝えることができます。

しかし初心者は、右半身に体重が乗りがちです。右半身ばかりに体重が載ってしまうことでバランスが悪くなり踏み込めなくなってしまいます。

強く踏み込んでボールを飛ばすためにも重心は左右均等です!

トップで手首はまっすぐに

トップで手首はまっすぐに

手首はまっすぐにキープしましょう。

  • 左手首が手の甲側に折れる⇒オープンフェース
  • 左手首が手の平側に折れる⇒シャットフェース

手首をまっすぐにできないことでフェースの向きが安定せず、その結果打球も安定しなくなってしまいまうためです。

シャットフェースやオープンフェース、その他トップで気を付けるべきことについての詳細な内容は以下の記事で解説しています。
【まだ、迷ってる?】ゴルフで理想のトップの位置を作るには?

気になる方は参考にしてみてください。

ダウンスイングではパワーをロスしない

ダウンスイングではパワーをロスしない

ダウンスイングでは、トップでためたエネルギーをロスしないようにすることが大事です。

ダウンスイングのポイントは「下半身」にあります

ダウンスイングの始動の切り返しでは下半身から。スイングの際も両足で力強く地面を踏む。

下半身主導で切り返しを行うことで、クラブは自然と下りてくるようになります。

スイングの際も地面をしっかり踏み込むことで地面からの反動を使うことができます。地面からの反動を使うことで腰を強く回せることができ、飛距離は伸びていきます。

一方で、スイング時に以下の様になってしまう方は注意が必要です。

  • 左ひざが開いて体が流れてしまう
  • 右足に重心が残っている

パワーをロスしてしまい飛距離が伸びなくなってしまいます。

ダウンスイングでは、下半身の力を生かし、効率よくボールにパワーを伝えましょう。

詳細な内容やダウンスイングの練習方法についても紹介しているので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。
【ゴルフのコツ⁉】パワーが逃げないダウンスイングの秘密!

打球のすべてが決まるインパクト

打球のすべてが決まるインパクト

インパクトでは、フェースの芯にいかに当てるかが飛距離アップのポイント。

インパクトで特に気を付けたいのは、「 ハンドファーストのスイングで体重は左足を軸」とすることです。

✓ハンドファーストとは
スイングにおいてグリップエンドと手が先にあり、ヘッドが後ろにある状態のこと

そして、スイングの際の軸は左足内側に軸を作るイメージを意識しましょう。

ハンドファーストと軸を意識することで、スイング軌道が安定し、ミスショットが起こりにくくなります。

インパクトでの体の使い方やスイング改善のための練習について気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください。
ゴルフは『インパクト』が全て!絶対気を付けるべきこと3選

大きなフォロースルーが飛距離を生む

大きなフォロースルーが飛距離を生む
・ボールを打った後だからとおろそかにしない
・フォロースルーは大きくとる

フォロースルーはインパクトのインパクトからフィニッシュまでの動き。

多くのゴルファーはスイング後の動作であるフォロースルーをないがしろにしがちです。

しかし、スイングの良し悪しはフォロースルーで形となって現れます。また大きなフォローするであると遠心力を使えるためより遠くへボールは飛んでいきます。

理想的なフォロースルーができているか確認する際に意識すべき点は、以下の3点です。

  • インパクトの直後は体も手首も伸び切れているか
  • 手首を返さず右手のひらが上を向いているか
  • 手は体から離れているか

それぞれの詳細な内容や理由ついては以下の記事に記載しています。
【10%飛距離UP⁉】ゴルフの理想のフォロースルーとは?

他にも正しいフォロースルーを身に着けるための練習方法も紹介しています。

気になる方は参考にしてみてください。

フィニッシュでスイングが決まる

フィニッシュでスイングが決まる

フィニッシュでは、「 体重が左足に乗りきっている」かが重要になります。

✓体重移動ができていないと…

  • フィニッシュ後にふらついてしまう
  • 腰が回りきらない

多くのゴルファーが抱える悩みの原因となってしまいます。

体重移動ができない原因としては、

  • ボールを救い上げようとしている
  • ボールを打つことだけ集中している

このような原因が挙げられます。

フィニッシュについては以下の記事に詳細な内容を記載しております。
【実体験!】ゴルフでのフィニッシュの悩みと改善方法を紹介

フィニッシュが正しくないとスイングが乱れやすくなります。その結果、打球も安定しなくなり大事な場面でスコアを大きく崩す恐れも。

上記の記事では、フィニッシュをきれいに決めるための練習方法についても紹介しています。

フィニッシュが上手く決まらず悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

スイング軌道はインサイドインが理想

スイング軌道はインサイドインが理想

スイング軌道はインサイドインが理想です。

インサイドインとはクラブのヘッドが 内側から出てきて、インパクト後 内側へ戻っていく軌道です。

インサイドインでのスイングを行うことでのメリットは以下の通り。

  • ボールをまっすぐ飛ばすことができる
  • ボールに左右の回転がかからずボールが曲がらない

インサイドインではスイング軌道がブレにくくなるため、このようなメリットがあります。
スイング軌道の詳細は以下の記事を参考にしてみてください
ゴルフはインサイドインが正解‼理想的なスイング軌道のヒミツ‼

初心者の多くが悩まされる「 スライス」もインサイドインのスイング軌道となることで改善することができます。

スイング軌道修正する以外にも、スライスの修正方法はいくつかあります。

  • 握り方を変える
  • ゴルフクラブを変える

ちなみに私の場合は、握り方を変える(ストロンググリップ)にすることで、改善することができました。

以前の私と同じようにスライスで悩んでいる方は、ぜひこちらの記事を参考にしていただければと思います。
【必読!】ドライバーでのスライスの直し方とは?

ゴルフレッスンでスイングを見てもらうことでも上達する

ゴルフレッスンでスイングを見てもらうことでも上達する

スイングの上達のためには、客観的にスイングを見てもらうことも重要です。

正しい知識やスイングを修正するために、ゴルフスクールに通ってレッスンを受けてみるのも効果的です。

ゴルフスクールには、通い放題やマンツーマンでの指導など様々なタイプがあります。料金は、スクールによって異なりますが、

  • 通い放題:2万円/月ほど
  • マンツーマン:10万円~(回数制)

ぐらいが目安です。自分の目的に合わせてスクール選びを行うようにしましょう。

個人的には通いやすいところ(立地)を選ぶのがいいかと思います。
「何回か通って、めんどくさくなりお金は払っているけど、練習していない」このような状態が一番もったいないからです。

ゴルフレッスンについて詳細な内容は以下の記事を参考にしてみて下さい。
【厳選!】ゴルフレッスンの選び方とおすすめ3選|ポイントを解説

まとめ

今回は、ゴルフスイングの基本についてまとめました。

ゴルフだけに限った話ではありませんが、何事も基礎や基本は大事です。

打ちやすいからと、我流で練習をしていると後でよりスコアアップを目指したり、飛距離を伸ばしたいと思ったときには修正することが難しくなります。

基礎基本を押さえて、反復練習でスイングの土台を作るようにしましょう。

今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!