ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

【ゴルフのコツ⁉】パワーが逃げないダウンスイングの秘密!

切り返しってどれだけためを作ったらいいのかな?クラブの振り下ろし方もわからないし…。極力安定した方向で飛ばせて、飛距離も出すためのはどうすればいいのだろう?

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

トップの位置からいざスイングに入ろうとしても、

  • もう少しためを作った方いいかも
  • どこからスイングを始めたらいいのか
  • 右ひじの使い方がわからない

このような悩みを抱えているのではないでしょうか?

切り返しやダウンスイングが上手くなることで、今より安定してボールをまっすぐ飛ばしたい。もしくは、より飛距離を出したいと考える方も多いかと思います。

そこで今回は、トップからインパクトまでの間の動作「ダウンスイング」について解説したいと思います。

この記事を読むとトップで作ったタメを最大限に生かし、インパクトにつなげることができ飛距離はアップするはずです。

そこで今回紹介するのは以下の内容となります。

【本記事の内容】

  • ゴルフでの理想的なダウンスイングとは
  • 想的なダウンスイングを作るためのトレーニング方法

それでは解説していきたいと思います。

切り返しのタイミングときっかけは?

切り返しのタイミングときっかけは?

結論から言うと、切り返しのタイミングに正解はありません。

先日、理想的なトップの位置について解説しましたが、トップの位置はバックスイングの結果です。そのため、理想的なトップの位置ができたから切り返すというわけではありません。

ですが、個人的には切り返しのタイミングは少し早いくらいのイメージでよいかと思います。

ご自身のフォームを撮影したらわかると思いますが、感覚よりも実際のフォームの方が深く入っています。

そのため、あまりに遅すぎるとオーバースイングとなってしまうからです。オーバースイングとなってしまうと、ボールが捕まらずスライスの原因となってしまいます。

トップの位置についての解説についてはコチラの記事を参考にしてみてください。
【まだ、迷ってる?】ゴルフで理想のトップの位置を作るには?

切り返しのタイミングに正解はありませんが、「 少し早いかな?」と思うくらいを意識してみるのがいいかと思います。

ダウンスイングの始動は下半身から

ダウンスイングの始動は下半身からです。

【具体的な順番】
下半身⇒上半身⇒腕⇒クラブ

この順番で体が動いていきます。

下半身から始動させる際、重心を移動することが重要となります。この時のイメージとしては、「 重心をボールに向けて動かすイメージ」です。

そうすることで自然とクラブが下りてくるようになります。

ゴルフでの理想的なダウンスイングとは?

ゴルフでの理想的なダウンスイングとは?

ここからは切り返しから、インパクトまでのスイングの仕方について解説していきます。

この章で解説するのは、以下の内容です。

  • ダウンスイングにおける右ひじの使い方
  • 上半身と下半身の使い方
  • 両足でしっかり踏み込む
  • 理想的なダウンスイングの軌道

ダウンスイングにおける右ひじの使い方

ダウンスイングにおける右ひじの使い方

トップの位置から右ひじは、真下におろしていきます。

右ひじを真下におろしていくことで、シャフトが自然に立ち、ヘッドが早く落ちていくのを防ぎます。

【右ひじの使い方の悪い例】
右ひじが体から離れてしまい脇が空く状態です。脇が空いてしまうと体とクラブが離れてしまい、パワーをロスしてしまいます。

上半身と下半身の使い方

上半身と下半身の使い方

トップの位置で作った捻りは、左腕と地面が平行となった状態でもキープされているのが理想です。

ダウンスイングで右ひじを真下に落としていくことで、トップで作った捻りを維持しながらクラブを下ろしていくことができます。

多くの方は腰を止めて肩だけを回しがちです。しかしこのような動きとなってしまうと、上半身主導となってしまい、パワーをロスしてしまったり、クラブが外側から下りてきてしまう原因となります。

両足でしっかり踏み込む

両足でしっかり踏み込む

パワーを最大限ボールに伝えるためには、力強く地面を踏むようにしましょう。

地面をしっかり踏み込むことで地面からの反動を使うことができます。地面からの反動を使うことで腰を強く回せることができ飛距離は伸びていきます。

注意点としては、「 両足で均等に踏み込む体勢を作る」ことです。

  • 左ひざが開いて体が流れてしまう
  • 右足に重心が残っている

このような状態だと、両足で地面をしっかり踏み込むことができずパワーをロスしてしまうためです。

スイング軌道はインサイドイン

スイング軌道はインサイドイン

スイング軌道はインサイドインが理想です。

インサイドインのスイング軌道だとスイング軌道が安定しスライスなどのミスショットが少なくなるためです。

理想的なスイング軌道については、他の記事で紹介しているので気になる方は参考にしてみてください。
ゴルフはインサイドインが正解‼理想的なスイング軌道のヒミツ‼

理想的なダウンスイングを作るためのトレーニング方法

理想的なダウンスイングを作るためのトレーニング方法

切り返しのきっかけと、ゴルフで重要な前傾姿勢を作るための練習方法を解説していきます。

切り返しのきっかけの練習方法

① 左手のひらを上にして後ろのポケットに入れる
② ポケットに手を入れたままトップの位置を作る
③ 切り返しのタイミングでポケットを上へと引っ張ってスイングする
※クラブは持ちません。

上記のトレーニングは、切り返しでの股関節や腰を動かすきっかけを作るトレーニングとなります。

このトレーニングによりインパクトまで腰がスムーズに回転できるようになります。

前傾姿勢をキープするトレーニング

① アドレスでお尻を壁につける
② トップの位置では左のお尻が離れる
③ インパクトではお尻の右が離れ、左が壁へと戻る

前傾姿勢を安定させることは、スイングの安定に不可欠です。

ただ、自分で正しい前傾姿勢ができているか判断するのは難しいため、上記の①~③をチェックするようにしましょう。

②で左のお尻が壁から離れていないと捻りが足りていません。一方、③で左のお尻が壁に戻ってこないと振り遅れの原因となってしまいます。

まとめ

今回はダウンスイングについて解説しました。

スイング自体はアドレスやバックスイングでほとんど決まってしまいます。

ですが、ダウンスイングで重心移動や体の使い方がきちんとできていないと、せっかくのパワーをロスしてしまいます。

パワーをロスせずボールに正しく伝えることも大事な技術になります。

この記事が、皆さんの飛距離が伸びるきっかけとなれば幸いです。

今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!