ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

【実体験!】ゴルフでのフィニッシュの悩みと改善方法を紹介

フィニッシュでどうしてもよろけてしまうんだよな。腰も全然回らないし。プロみたいなきれいなフィニッシュはどうすれば作れるんだろう…。

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

プロの選手のフィニッシュってかっこいいですよね。

しかし実際に自分が打ってみると、

  • 腰が全然回らない
  • 振り終わった後、よろけてしまう。

このように、プロとは程遠いフィニッシュになってしまい絶望する方も多いかと思います。

私自身もゴルフを始めた当初は、振り終わった後きれいにフィニッシュが決まらず、ふらついたり腰が全く回っていませんでした。

読者の皆さんの中にも、フィニッシュがしっかり決まるか決まらないかで、打球の質も大きく変わった経験がある方も多いはず。

そこで今回はゴルフスイングのゴールであるフィニッシュについて解説していきます。

この記事を読むことで、正しいフィニッシュがわかるはず‼

その結果正しいスイングが身に着けられ、飛距離は伸び、打球が安定することでスコアも改善できるようになります。

今回紹介する内容は以下の内容となります。

【本記事の内容】

  • フィニッシュがスイングに与える影響
  • フィニッシュでありがちな悩み3選
  • きれいなフィニッシュを身に着けるための練習方法

それでは解説していきたいと思います。

そもそもフィニッシュとは

そもそもフィニッシュとは

フィニッシュとは、インパクト後体が回転しきって静止した状態のことです。

フォロースルーと同様に、正しいフィニッシュを迎えることができていなければ、それまでのスイングは間違っていることになります。

フィニッシュが正しくできていないことの影響

フィニッシュが正しくできていないことの影響

✓フィニッシュが正しくできていないと…
スイングが乱れやすくなってしまいます。その結果、打球も安定しなくなり大事な場面でスコアを大きく崩してしまう恐れも。

そこで次の章以降では、正しいフィニッシュとはどのような状態なのか解説していきます。

理想的なフィニッシュの形とは

理想的なフィニッシュの形とは

フィニッシュの理想形は「 重心が安定するバランスが取れている」状態です。

具体的には、左足一本でバランスよく立てる状態のことです。

とはいえ、「バタンスよく立てる状態」といってもわかりにくいため、多くのゴルファーが抱える悩みから解説していきたいと思います。

フィニッシュでの悩み3選

フィニッシュでの悩み3選

ゴルファーなら一度は以下の悩みを抱えたことがあるはず。

  • フィニッシュ後ふらついてしまう
  • 腰が全然回らない
  • つま先が開いてしまう

それぞれについて解説していきたいと思います。

フィニッシュ後にふらついてしまう

フィニッシュ後にふらついてしまう

フィニッシュ後にふらついてしまう原因は体重移動がしっかりできていないためです。

フィニッシュでは体重が左足に乗りきっている状態がベスト。

体重移動ができていない理由としては、

  • 右足に体重が残っている
  • ボールを打つことだけに集中してしまっている

このような理由が挙げられます。

右足に体重が残るのは救い上げようとするから

打球に角度をつけたいために、救い上げるように打とうとする方が多くいます。

しかし、救い上げようとして打つとダフリやボールの上っ面をとらえてしまうゴロ(チョロ)のようなミスショットとなってしまいます。

理想的なフィニッシュのためには、体重が左足に乗り切ることが重要です。

ボールを打つことだけに集中してしまっている

ボールを打つことだけに集中してしまっている

ボールを打つ際はあてに行くのではなく、いつものスイング軌道にボールが勝手に当たるイメージで打つべきです。

しかし、フィニッシュふらついてしまう方は、クラブにボールを当てることだけに意識が集中しがちです。

そのため、「あてて終わり」の状態となっています。

あてる事ばかりに集中してしまう理由としては、例えば

  • 空振りしたらどうしよう
  • ダフったら恥ずかしい
  • スライスでOBしたくない

このような雑念から生じてしまいます。

ボールにあてる事よりもスイングに集中しましょう。

いいスイングができればフィニッシュもきれいになり、ボールはまっすぐ飛ぶようになるはずです。

ボールばかり気にしてスイングに集中できない方」のために、以前スイングに集中するための練習方法を紹介しています。気になる方は参考にしてみてください。
ドライバーでのダフリの原因とは?『3つ』のステップで簡単に改善!

腰が回りきらない

腰が回り切れていない方は以下の3点を注意しましょう。

  • 右足に重心が残っていないか
  • 左ひざが曲がっていないか
  • 左上腕が地面と平行で、肘は90度

フィニッシュでは軸足となる右足のかかとは浮き、飛ばしたい方向へと回った状態となります。しかし体重が残っていると右足は回転しきれず、その結果腰が回らなくなってしまいます。

また、フォロースルーでは左ひざは伸ばすことも大事です。

左ひざが曲がっていると、回転の際ストッパーとなってしまいます。同様に左肘を畳んでしまうことでもストッパーとなってしまいます。

腰をきれいに回すためには左足に体重を乗せ、膝は曲がらないようにするべき!左上腕は地面と平行に肘は90度を意識するようにしましょう。

フィニッシュでつま先が開いてしまう

フィニッシュでつま先が開いてしまう

程度によりますがフィニッシュでつま先が開いてしまっても問題はありません。

ですが、インパクト前につま先は開かないようにしましょう。

野球選手でもボールを打ち終わった後につま先が開いている選手は多いはずです。しかし、インパクトではつま先が開いている選手はほとんどいません。

理由はインパクトでつま先が開いてしまうことで体が開いてしまい、パワーがロスしてしまうためです。

極端につま先が開くのでなければ、そこまで気にしなくても問題はありません。

フィニッシュをきれいに決めるための練習方法

フィニッシュをきれいに決めるための練習方法

フィニッシュがきれいに決まるための練習方法として「片足立ちフィニッシュ」を紹介します

✓片足立ちフィニッシュのやり方
①フィニッシュの体勢から右足を地面から離す
②左足一本で立ちそのまま3秒キープ

この練習を行うことで、フィニッシュの際に重要な、「左足に全体重がのりきる状態」を作ることができます。

簡単な練習方法なのでぜひ試してみてください‼

まとめ

今回は理想的なフィニッシュについて多くのゴルファーが抱える悩みに基づいて解説してきました。

今回の内容をまとめると、

  • フィニッシュでグラつくのは、体重移動ができていないから
  • 左足に体重を乗せ、左ひざを伸ばすことで腰は回転する
  • インパクト後つま先は開いてもOK。ただし、インパクトで開くようなら修正が必要

以上となります。
今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!