ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

ゴルフは『インパクト』が全て!絶対気を付けるべきこと3選

なかなかドライバーってまっすぐ飛ばないし、飛距離も出ないなぁ。打った時いつもとらえた感じがしないし…インパクトに問題があるのかも?

今回は、こんな疑問に答えていきます。

ゴルフスイングの集大成のインパクト。

ここでボールをきっちり捉える事ができなければ、ミスショットや飛距離が出なくなってしまい、2打目以降やその後のスコアにも影響が出てしまいます。

私自身も、以前はインパクトできっちりボールをとらえることができず気持ちよくドライバーを打つことができませんでした。

そして、そのような感覚が残ってしまうと次のラウンドでも、「 ミスしてしまうのではないか…」不安が残ってしまいスイング影響を与えてしまいます。

そこで今回は、皆さんも気になるインパクトの瞬間について解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、理想的なインパクトの迎え方がわかり、飛距離や打球の方向性の精度が向上するはずです。

今回紹介するのは以下の内容になります。

【本記事の内容】
・理想的なインパクトとは
・インパクトを改善するための練習方法

それでは解説していきたいと思います。

そもそもインパクトとは何か?

そもそもインパクトとは何か?

インパクトとは、ボールがクラブのフェースにあたる瞬間です。

フェースの芯にいかに当てるかが飛距離アップのポイントとなります。
芯に当てるためには、アドレスやバックスイング、ダウンスイングの動きも重要になります。

これらが間違った動きをしていると、インパクトでも誤ったボールの捉え方をしてしまい打球が安定しなくなってしまうからです。

アドレスやバックスイング、ダウンスイングの方法についての詳細な内容は、以前解説していますので気になる方は参考にしてみてください。

・アドレスについての詳細な内容はこちらです

関連記事

ドライバーが安定しないな。たまにまっすぐ飛ぶけど、右に行ったり左に行ったり…。ドライバーが安定して打てるようになったら、かなりスコアが良くなると思うけどどうすればいいのだろう。今回はこのような疑問に答えていきます。[…]

・バックスイングの詳細な内容はこちらです

関連記事

ドライバーのバックスイングって難しいな。アドレスからどうやって動き始めたらいいかもわからないし腕とか足とか気になるところもいっぱいあるし…正しいバックスイングってそうすればいいのだろう?今回はこんな疑問に答えていきた[…]

・ダウンスイングについての詳細な内容はこちらです

関連記事

切り返しってどれだけためを作ったらいいのかな?クラブの振り下ろし方もわからないし…。極力安定した方向で飛ばせて、飛距離も出すためのはどうすればいいのだろう?今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。トップの[…]

インサイドインの軌道でボールを正確に捉える

インサイドインの軌道でボールを正確に捉える

インサイドインでのスイング軌道により、ボールを正確にとらえることができます。

※インサイドインとは
クラブのヘッドが 内側から出てきて、インパクト後 内側へ戻っていく軌道となります。

スイング軌道には、インサイドインやインサイドアウト、アウトサイドインのスイング軌道があります。

スイング軌道

インサイドインのスイング軌道が理想とされるのは以下の理由によります。

  • スイング軌道がブレにくく、ミスショットをしにくいため
  • 飛ばしたい方向に対し、フェースはまっすぐぶつかっていくため。

一方で、インサイドアウトやアウトサイドインだと、飛ばしたい方向に対し、斜めにクラブが抜けていきます。

そのためボールはまっすぐ飛んでいきません。

スイング軌道の詳細な内容についても以前記事を書いているので参考にしてみてください。
ゴルフはインサイドインが正解‼理想的なスイング軌道のヒミツ‼

インパクトで気を付けるべきこと3選

インパクトの瞬間に気を付けるべきこととして以下の3つです。

  • ハンドファーストのスイング
  • 体重移動
  • 体の使い方

それぞれ解説していきます。

ハンドファーストのスイング

ハンドファーストのスイング

ハンドファーストのスイング軌道にすることで、以下のメリットがあります。

  • スイング軌道が安定する
  • ミスショットが起こりにくくなる

<ハンドファーストとは>
スイングにおいてグリップエンドと手が先にあり、ヘッドが後ろにある状態のこと

ハンドファーストだと、スイング軌道が安定し、ボールをしっかり捉える事ができるようになります。その結果、飛距離も伸びるようになります。

体重移動は左足を軸にする

体重移動

インパクトの際、左足内側に軸を作るイメージを意識しましょう。

インパクトの際の軸はアドレスの時の位置に戻すのが理想です。

軸がアドレスの時と同じ位置に戻ることによって、ボールを正確にヒットすることができ、スライスやダフリなどのミスショットを防ぐことができます。

インパクトの際の体の使い方

体の使い方として、多くのゴルファーが悩みがちな手首と右ひじの使い方について解説していきます。

インパクトの際の手首の使い方

インパクトの際の手首はコックした状態です。

コックとは手首を曲げる動きで、バックスイングでクラブをあげていく際、手首を斜め45度のイメージであげていきます。※インパクトでの瞬間もコックは保ったままです。

手首が安定していない(コックができていない)とスイングが安定しなくなってしまいます。その結果、ボールをとらえることができず飛距離をロスしてしまいます。

インパクトの際の右ひじの使い方

インパクトの際の右ひじの使い方

インパクトの瞬間は、右ひじが少し曲がっている状態が理想です。

右ひじが伸びていると、脇が空いてしまいクラブがアウトサイドの軌道となってしまうためスライスの原因となってしまいます。

右ひじが曲がっていることでクラブと体との距離が近くなり、体とクラブの動きが連動します。その結果、エネルギーをロスなくボールに伝えることができます。

多くの初心者を悩ませるスライス

多くの初心者を悩ませるスライス

スライスの原因の多くは、インパクトの瞬間にフェースが開いてしまうからです。

初心者の多くの方はスライスに悩まされるかと思います。スライスを直す方法としては

  • グリップ握り方を変える
  • フックフェースのドライバーを使う
  • ゆっくり振る(焦って振らない)

等が挙げられます。
スライスの原因や直し方の詳細については、以下の記事を参考にしてみてください。
【必読!】ドライバーでのスライスの直し方とは?

インパクトバックでスイングを改善しましょう

インパクトバッグ 【日本語説明書付き】【HTCLDE】

インパクトバックは写真のような練習道具となります。ゴルフボールを打つ代わりにインパクトバックを打ち込むことで以下の効果が表れます。

  • クラブを振りぬく力がつく
  • 確実に当てることができるため、スイングの身に集中できる
  • 再現性の高い確実なスイングを身につくことができる

このようなメリットがあります。
インパクトバックは重くしっかりとしたスイングでないとクラブがバックに当たった瞬間に揺れてしまいます。

スイングの確認をしながら振りぬく力も身につくおすすめの練習道具です。

まとめ

今回は多くの皆さんが気になるインパクトについて解説しました。

インパクトはスイングの集大成。正しいスイング軌道や体の使い方で、まっすぐに力強い打球を飛ばせるようになりましょう。

今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!