ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

ドライバー|振り遅れの原因は?【ワンテンポ置きましょう!】

  • 2020年11月24日
  • 2021年3月21日
  • 技術
  • 11view
ドライバーの時なんかクラブが振り遅れている感覚があるんだよな…。なんで振り遅れるんだろう?それにどうやったらなおるんだろう?

今回はこのような疑問に答えたいと思います。

【本記事の内容】

ドライバーで振り遅れる原因と改善方法

 

ドライバーで振り遅れる原因は?

虫眼鏡にうつるビックリマーク

ドライバーで振り遅れるとは、「クラブが体の動きに追いついていない状態」のことです。

具体的には、体がすでに回っているのにクラブは連動せず、インパクトを迎えていないような状態のことです。

ドライバーで振り遅れる原因

ドライバーが振り遅れてしまうのは、主に以下の原因によります。

 

  • 体が先に開いてしまう
  • 飛ばそうと力みすぎている
  • クラブが長すぎるため

 

それぞれについて解説していきます。

飛ばそうと力みすぎている・体が先に開いてしまう

うまくボールを打てない女性

飛ばそうと焦って打ったり、遠くに飛ばすためにスイングスピードを速くしようしたり…

これらは、 飛ばそうという気持ちが強すぎていることが原因です。

その結果、体だけが先行してしまいその動きにクラブが追い付いてないという状態になってしまいます。

クラブが長すぎるため

長すぎるドライバーを使う男性

クラブが長すぎても振り遅れてしまう原因となります。

そのため飛ぶドライバーとして「 長尺ドライバー」と呼ばれるものもあります。

シャフトが長いドライバーを使うことで、 遠心力が大きくなりヘッドスピードが上がるため飛距離は伸びます。

 

一方で、自分に合ってないほどの長いドライバーだと扱いきれず振り遅れてしまうこととなってしまいます。

 

以前、飛ばすには、自分の扱える範囲内でできるだけ重くて長いドライバーを使うべきと紹介しました。

詳細については、こちらの記事を参考にしてください‼

【爆伸び!】ドライバーの選び方を徹底解説!+20ヤードも簡単!?

振り遅れてしまうことでどうなるのか

結果と書かれた黒板に注目する大勢の人

振り遅れてしまうことで以下のことがおきます。

 

  • ボールがスライスする
  • ダフリやテンプラが起きてしまう

 

体が開いてしまうと、ボールは右方向へと飛び出してしまい スライスしやすくなってしまいます。スライスで悩んでいる方はコチラを参考にしてみてください‼

【必読!】ドライバーでのスライスの直し方とは?

また、体が開いていることによりコックが早く解放されてしまいます。

その結果 ダフリ テンプラが起きてしまうなど、スイングが安定しなくなってしまいます。ダフリについての詳細な内容についてはこちらの記事を参考にしてみてください‼

ドライバーでのダフリの原因とは?『3つ』のステップで簡単に改善!

振り遅れの対策方法

虫眼鏡に「対策」と映る写真

振り遅れの対策方法は、以下の通りです。

 

  • あごの下まで肩を入れる
  • 切り返しで間合いを取る

 

それぞれについて解説していきます。

あごの下まで肩を入れる

テイクバックをする女性

あごの下まで肩を入れる必要があります。

そうすることで、体の開きを抑えることができ、軸も安定したスイングとなります。

切り返しで間合いを取る

振り遅れのほとんどの原因が、うち急ぎによるものです。

そのため切り返しで しっかり間合いを取ることで、打ち急ぎを防ぐことができます。

 

トップからスイング移行する際にはワンテンポ置いてみましょう!

ドライバーを短く持つことは有効なのか

グッドと書かれた写真

振り遅れを防ぐために、ドライバーを短く持つことは有効なのかについて解説します。

結論としては、 長すぎて振り遅れているなら短く持つべきです。

先ほど記載したように短く持つとヘッドスピードが落ち飛距離は落ちます。一方で

 

  • ミート率が向上する
  • スライス回転が抑えられる

 

このようなメリットがあります。

 

「スイングが振り遅れていてスライスしているな」と感じるのであれば、短く持ってみるのも手です。

 

まとめ

ドライバーで振り遅れる原因と改善方法をまとめると

 

  • ドライバーが振り遅れてしまう原因は焦りや飛ばそうと力んでしまうから
  • 切り返しでは、力まずワンテンポ置きましょう
  • 道具があってないなら、短く持ったりかえたりすることも大事

 

以上となります。今回はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!