ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

ドライバーで上がりすぎる|テンプラの3つの原因と対処法とは?

  • 2021年1月18日
  • 2021年4月7日
  • 技術
  • 35view
この前、打ちっ放しで練習してたらボールが天井にあたりそうになったけど、どうしてあんなことが起こるんだろう…

今回はこんな疑問に答えていきます。

ボールが高く上がりすぎてしまうテンプラ

私も朝一のショットや最初のスイングでボールの高さがつかめず、高く打ちあがってしまうことがよくあります。

テンプラも、スライスやフックと同様に多くのゴルファーの悩みとして挙げられます。

高く上がるばかりで全く飛距離が出なく、大変もったいないミスショットです。そこで今回は、テンプラの原因や改善方法について紹介していきます。

この記事を読めば、テンプラが減りコンスタントに打球が前に飛ぶようになります。

また「打ちっぱなしで天井ぎりぎりのボールを打ってしまう…」この様な恥ずかしい思いもすることが無くなります。

【本記事の内容】

  • テンプラの意味と由来
  • テンプラの原因
  • テンプラの改善方法
  • テンプラ傷に注意

それでは解説していきたいと思います。

テンプラの意味と由来

テンプラとは、打球が大きく上に上がってしまうことを指します。

テンプラの由来は、食べ物の天ぷらが「揚げるもの」でありゴルフのテンプラも球が「上がるもの」であることからこのような呼び方となりました。

テンプラの原因とは

皆さんもミスショットでテンプラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

ドライバーで多くのゴルファーを悩ませるテンプラの原因は大きく以下の3つです。

  • ティーアップが高すぎる
  • ヘッドの入射角が鋭角である
  • 体が前に突っ込んでしまうため

それぞれについて解説していきます。

ティーアップが高すぎる

普段弾道が低いからとティーアップが高くしていないでしょうか。

ティーアップの高さが高すぎると、クラブのヘッドがボールの下をこすってしまいテンプラとなってしまいます。

理想はヘッドからボールが半分ほど出る高さです。

一方で、打ち方によって変わりますがティーアップが低すぎると低弾道のボールになってしまいます。

「ヘッドからボールが半分ほど出る高さ」を基準に自分の中でベストな高さを見つけるようにしましょう。

なお、理想的な打球の打ち出し角は12度~18度です。

  • もっと遠くに飛ばしたいけど、どうしたらいいかわからない
  • 飛距離に影響する要因がわからないから何から改善していいか困っている

このような悩みを持っている方は以下の記事を参考にしてみてください。「遠くに飛ばすために関係する要素は何なのか?」という疑問を解決する記事となっております。
ゴルフでボールが飛ばない理由⇒飛距離を決める「3要素」を意識しよう‼

ヘッドの入射角が鋭角のため

インパクトの際、入射角が鋭角だとボールの下にクラブのヘッドが潜り込んでしまいテンプラとなります。

クラブのヘッドが鋭角に入ってしまうのを直すには、インパクトで頭を残すことが重要です。

しかしテンプラしてしまう方は頭が飛ばしたい方向に流れてしまいます。

その結果、左肩と手が前方向へと流れ、ヘッドの入射角が鋭角となったスイング軌道に。(写真の黄色い矢印赤い線は理想的なスイング軌道です

体が前方に流れてしまう原因は、

  • 頭の位置がボールサイドに動きすぎる
  • 体重移動が大きすぎる

などです。このようなことが起きるのは、「飛ばしたい」という色気が出てしまうのが原因です。

遠くに飛ばすことができたら、気持ちいいしカッコいいですよね。なので無意識のうちについつい力みがち。

しかし、「飛ばしたい」気持ちから大きく体重移動や大きなフォームで打つことで体が突っ込んでしまいテンプラとなります。

少しでも飛ばしたいという気持ちは素敵ですが、昔CMであったように「飛ばしたいなら力んじゃダメ」です!

テンプラを直すビハインドザボール

(写真左は2019年中京テレビBSレディス 写真/中野義昌 写真右は2018年全米オープン 写真/服部謙二郎 ※引用元サイト:みんなのゴルフダイジェスト

体が前に突っ込んでしまい、テンプラしてしまう方に向けた改善方法を紹介します。

ビハインドザボール」という言葉をご存じでしょうか。

✓ビハインドザボールとは
インパクトではボールよりも頭の位置を後方へと残すこと。頭を後方に残すことで、スイングのパワーを効率的に伝えることができます。

遠くに飛ばしたいと考える方は

  • どうしたらスイングスピードが上がるか
  • 飛ぶドライバーはどれか

このような考えに行きがちです。しかし、テンプラが多いのであればビハインドザボールを意識してみるのはいかがでしょうか。

ビハインドザボールを習得するための3つのポイント

ビハインドザボールを習得するための方法として紹介するのは以下の3つ。

  • 左目でボールを見る
  • 下半身から始動する
  • 右の靴を脱いでスイングする

それぞれ解説していきます。

左目でボールを見る

左目でボールを見ることを心掛けることで自然と頭はボールの後方へと残るようになります。

体が前に突っ込むと左目でボールを見るのが難しくなります。

※ちなみに
目にも効き目があるのはご存知でしょうか。利き手と同様にも目にもよく使う側があります。効き目が右の方は全体の75%、左の方は25%です。
参考:メガネハット

効き目の調べ方は、遠くを指さし両目で見た時とのブレが少ない方が効き目となります。

ほとんどの方は効き目が右のため最初はやりにくいとは思いますが、「ビハインドザボール」習得には有効です。

下半身から始動する

上半身主導のスイングだと、体が前のめりになってしまうため注意すべきです。

下半身主導のスイングを習得するための方法としては、何回か紹介しましたが以下の方法がおすすめです!

✓切り返しのきっかけを作るおすすめの練習法
①左手のひらを上にして後ろのポケットに入れる
②ポケットに手を入れたままトップの位置を作る
③切り返しのタイミングでポケットを上へと引っ張ってスイングする
※クラブは持ちません。

上半身主導のスイングだと、スウェー(前のめり)や手打ちの原因となってしまうため下半身主導のスイングを習得しましょう。

右の靴を脱いでスイングする

右の靴を脱いでスイングするのも効果的です。右の靴を脱ぐことで、

  • 左半身が高くなり、前に突っ込みにくくなる
  • 左は靴を履いているため踏ん張りがきく

スイングでは体が前に突っ込みにくくなります!

最初は少し難しいかもしれませんが、簡単にできる練習なので試してみてはいかがでしょうか。

テンプラ傷に注意

テンプラをしがちな方は「テンプラ傷(痕)」に注意です。

✓テンプラ傷(痕)とは?
ティーショットでテンプラをしてしまった際に、クラウン上部についた跡のこと

せっかく新しいクラブを買ったのに、テンプラ傷(痕)がついてしまいテンションがガタ落ちとなった方も多いのではないでしょうか。

テンプラ傷の直し方

テンプラ傷を治す方法は2つ。

  • 業者に頼む
  • 自分で塗装する

業者に頼むと数千円以上と高額です。そのため、「自分で塗装したい」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

GOLF Net TV

「分かりやすい!テンプラ傷の直し方」VOD専用番組。ギアメンテナンスを分かりやすく紹介!今回はテンプラ傷の直し方です!…

塗装の仕方についてはこちらのサイトが参考になるかと思います!

まとめ

今回は、多くの初心者が悩まされるテンプラについての解説でした。まとめると、

  • テンプラは飛ばしたいという気持ちから、体重移動やフォームが大きくなりその結果ボールの下にクラブが潜り込むようなスイングが原因
  • テンプラを直すにはビハインドザボールを習得しましょう!

以上となります。今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!