ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

【まだ、迷ってる?】ゴルフで理想のトップの位置を作るには?

トップの位置っていつも安定しないんだよな…手もどこら辺まで上げたらいいのかわからないし。理想的なトップの位置を作るにはどうすればいいのだろう

今回はこんな疑問に答えていきたいと思います。

ゴルフは再現性が求められるスポーツです。

毎回スイングが変わると、打球の方向も変わってしまい結果スコアが安定しなくなってしまいます。

しかし、スイングにおけるトップは、

  • 大きく振ろう
  • カッコイイ形を作ろう
  • 遠くに飛ばそう

このような気持ちが出てしまいスイングが安定しないかったり、そもそも感覚でやっているため、理想的なトップの位置がわかっていないままスイングをしている方も多いはず。

そこで今回は、スイングにおける理想的なトップの位置やトップを作る際に気を付けたい体の使い方について解説していきます。

この記事を読むと理想的なトップの位置がわかり、プロゴルファーのような美しいトップに近づくことができるはずです!

【本記事の内容】

  • ドライバーのトップとは
  • 理想的なトップの位置
  • トップを作る際の注意点

それでは解説していきたいと思います。

ゴルフのトップとは

ゴルフのトップとは

ドライバーのトップとは、スイングする際にクラブを振り上げてから降ろしていく際の一瞬止まる位置のことを指します。

ちなみに
「トップ」には、ボールの上をひっかけてしまいボールがゴロになってしまうミスショットの意味もあります。

トップの位置はバックスイングの結果となって現れます

つまり、バックスイングが正しくできていないとトップが乱れてしまいます。正しいバックスイングの方法については、以前他の記事で紹介しているため参考にしてみてください。
【超重要!】ゴルフはバックスイングで全てが決まる?|基本を解説

トップそのものの形を正すというよりも、「バックスイングを修正した結果がトップに現れる」意識でいましょう。

どのようなトップの位置となっていればいいのか、トップの位置で気を付けるべきことについては次章以降で解説していきます。

ゴルフの理想的なトップの位置とは

ゴルフの理想的なトップの位置とは

理想的なトップの位置を作る際に気を付けることは、オーバースイングしすぎないことです。

  • 遠くに飛ばしたい
  • かっこよく打ちたい

特にドライバーでは、雑念が入りがちです。しかし、それは安定したスイングの妨げとなってしまい、スコアは良くなりません。

そこで、具体的な体のひねり具合については以下を目安にしましょう。

  • 両肩のラインは地面に対して垂直
  • 腰は45度

トップの位置で気を付けたいフェースの向き

トップの位置で気を付けたいフェースの向き

トップではフェースの向きが45度になるのが理想です。※この状態をスクエアフェースと言います。

スクエアフェースでトップを迎えた場合で、インパクトの瞬間フェースはボールをまっすぐ捉えることができます。
一方で、フェースの向きにはスクエアフェース以外にも以下の2種類があります。

  • オープンフェース
  • シャットフェース

オープンフェース

トップでのフェースの向きが、ボールに対して正面を向いている(地面に垂直)状態を、オープンフェースと言います。

トップの位置がオープンフェースとなってしまうことで、スライスの原因となってしまいます。

  • トップで手首が手の甲側に折れる
  • グリップの握り方がウィークグリップである※

上記の理由により、オープンフェースとなってしまいます。

※グリップの握り方についての詳細な内容はコチラの記事を参考にしてみてください。
【ゴルフスイングの基本】握り方からフィニッシュまで全てがわかる!

シャットフェース

トップでフェースが天の方を向いている状態をシャットフェースと言います。

シャットフェースのデメリットは、引っかけやフックのミスが多くなることです。

シャットフェースの原因はオープンフェースとは逆で「ストロンググリップ気味に握っている」ことが挙げられます。

トップでの重心の位置

トップでの重心の位置

体重は左右均等に乗るようにしましょう。

特に初心者の方は、トップでの重心は右半身に行きがちです。

しかしそうなると、バランスが悪くなり強く踏み込めなくなってしまいます。その結果、飛距離をロスしてしまいます。

両足均等に体重を乗せることができれば、強く踏み込むことでパワーをボールに伝えることができます。

その結果、ボールはより遠くへ飛んでいきます。

トップの位置を作る時の注意点

トップの位置を作る時の注意点

ゴルフでトップの位置を作る際の注意点として以下の2つを挙げていきます。

  • トップでの手首の使い方
  • 両肘の間隔を一定にする

トップでの手首の使い方

トップでの手首の使い方
手首はまっすぐにキープしましょう。

手首が折れてしまうと、オープンフェースやシャットフェースの原因となってしまいます。

  • 左手首が手の甲側に折れる⇒オープンフェース
  • 左手首が手の平側に折れる⇒シャットフェース

手首をまっすぐにできないことでフェースの向きが安定せず、その結果打球も安定しなくなってしまいます。

両肘の間隔を一定にする

両肘の間隔は、手首に影響を与えてしまうため一定にすることが重要です。

両肘の角度が一定でない⇒手首が折れてしまう⇒打球が安定しない

このような結果となってしまいます。

両肘の間隔が開きすぎてしまうと左手首が手の甲側に折れてしまい、スライスの原因のオープンフェースとなってしまいます。一方で両肘の間隔が狭いと、左手首は手の平側に折れてしまい、ひっかけの原因となってします。

両肘の間隔は手首の安定とつながるため、一定となるようにしましょう。

理想的な両肘の間隔とは

トップを作る際は、両腕とも少しゆとりがある状態で迎えることで両肘は理想的な間隔となります。

両肘の間隔を意識するあまり、肘を締める等はしないようにしましょう。

あくまで両腕にゆとりを感じるくらいの自然体がベストです。

まとめ

まとめ

冒頭でも触れましたが、トップは作るものではなくバックスイングの結果となって現れるものです。

そのためバックスイングがおかしければ、トップもおかしくなってしまいます。

今回の記事は理想的なトップの形について解説しました。

ご自身のトップと比較してみて違うようであれば、バックスイングの修正をする等の様に、フォームチェックの一つの指標とするのがいいかと思います。

今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!