ドライバーCHANNELへようこそ!当サイトはドライバーで「遠くに飛ばす」に特化したサイトです!

ドライバーの「カチャカチャ」機能とは?仕組みやメリット・デメリットを紹介‼

ドライバーの「カチャカチャ機能」って何なのかな?使うとどんなメリットがあるのだろう?

今回はこんな疑問に答えていきます。

皆さんは、自分が思ったように打球を打つことができるでしょうか?

人によっては、

・ボールが上がりすぎる
・スライスしてしまう
・スピン量が多すぎる

このような悩みを抱えているのではないでしょうか?

これらを克服するためには、道具を買い替えたりするのも一つの手。

なぜなら、「ゴルフは道具によって打球やスコアや劇的に変るスポーツ」だからです。

しかしゴルフクラブは一本、数万円以上するのでそんな頻繁には変えることができません。

だからこそ、「自分の悩みに応じてドライバーの特徴をかえることができれば…」このように思うことがある方も多いはず。

実は…そんな夢のようなゴルフクラブあるのです。

今回は、自分好みにクラブを替えることができる「カチャカチャ機能」について解説したいと思います。

<本記事の信頼性>作者のプロフィール

ゴルフを始めた当初:飛距離は200ヤード行かなかったくらい

⇒現在:280ヤードまで飛距離が伸びました‼

【本記事の内容】
・ドライバーのカチャカチャ機能とは?
・カチャカチャ機能の仕組み
・カチャカチャのメリット・デメリット
・使う際の注意点

それでは、解説していきたいと思います。

ドライバーのカチャカチャ機能とは?

ドライバーのカチャカチャ機能とは?

カチャカチャ機能とは、クラブのシャフトの調整機能のこと。

・カチャカチャの由来とは?
自分でクラブの調整をする際に、ネジをいじる音から「カチャカチャ」と呼ばれます。

カチャカチャ機能の仕組み

カチャカチャ機能の仕組み

画像:アトミックゴルフ通販サイトより

シャフトとヘッドの結合部分である「スリーブ」をいじることで、クラブの以下の点を変更することができます。

・ライ角
・フェース角
・ロフト角

※それぞれについては後で解説します。

調整方法について、詳細な内容を紹介している動画があったのでこちらも参考にしてみてください。

【必見】可変式スリーブ調整方法。カチャカチャで理想の弾道を打つコツ

カチャカチャ機能のメリットとデメリット

カチャカチャ機能のメリットとデメリット

まずはメリットから。カチャカチャ機能を使ってクラブをいじることのメリットは例えば以下のとおり。

・スライスを減らすことができる
・スピン量をかえることができる
・弾道をかえることができる

それぞれ解説していきます。

スライスを減らすことができる

スライスを減らすための方法として、「ライ角やフェース角を変える」が挙げられます。

  • ライ角とは

ライ角とは、「シャフトとフェースが作る角度」のこと。

  • フェース角とは

地面に置いた際にフェースが向く角度のこと。
※真ん中よりも左を向いていれば、フックフェース。右方向を向いてればオープンフェースです。

ライ角やフェース角をかえることで、ボールが捕まるように!

その結果、今まで右方向へと流れスライスしていた打球がまっすぐ飛ぶようになります。

スライスは、特に初心者に多い悩みの一つ。もし、あなたがひどいスライスで悩んでいたら、変えてみるのはいかがでしょうか。

スピン量を変えることができる

カチャカチャ機能では、ロフト角をかえることができるためスピン量も調整可能です。

・ロフト角とは
ロフト角とは、「シャフトとフェースが作る角度」のこと。

特に初心者は、「スピン量が多くなり、高く上がるけど飛ばない」状態に陥りがちです。

ボールが高く上がりすぎて、キャリーやランが思ったほど稼げない方はロフト角を変えてみましょう。

弾道をかえることができる

弾道もロフト角を調整することで変えることができます。

弾道も飛距離に大きく影響する要素です。

一番飛ぶといわれるのは12度から18度程度。それ以外の角度になってしまう方はロフト角を調整してみるといいと思います。

カチャカチャ機能のデメリット

カチャカチャ機能のデメリット

カチャカチャ機能で自分に合うように調整できなかった場合、デメリットは以下の通り。

・芯にうまくミートすることができない
・飛距離が落ちる

上記の様に、かえって状況が悪化してしまう可能性も。

また、後述しますがクラブに合わせたスイングになることでフォームを崩す恐れもあります。

カチャカチャ機能のあるドライバーを使う際の注意点

カチャカチャ機能のあるドライバーを使う際の注意点

カチャカチャ機能のドライバーを使う際の注意点は2つ。

・あくまで微調整。大きく変えない
・打ち方自体を変えない

あくまで微調整。大きく変えない

好きなように変えれるものの、ベストポジションは一番最初の設定です。

あくまでカチャカチャ機能は微調整に使う程度にしましょう。

打ち方自体を変えない

打ち方をころころ変えると フォームが安定せず、上達しにくくなります。

クラブの設定に合わせて、自分の打ち方も変わらないように注意が必要です。

日によって調子の影響から打球の質が変わることもありますが、替えるのはドライバーだけです‼打ち方は変えないようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回の内容をまとめると、

・自分の打球の質に応じてクラブは設定しよう。
・カチャカチャ機能を使うことで飛距離が大幅に変ることも‼
・自在に調整ができる反面、自分に合ってないと飛距離が落ちる可能性も…。

以上となります。

自分の打球の質にあわせて、変更は微調整程度で理想の弾道へと近づけましょう!

なお、ドライバーを買う際は、アトミックゴルフがおすすめです。

アトミックゴルフはサポートや商品ついての種類はもちろん、説明が豊富やフォロー体制も整っています‼

アトミックゴルフやその他のオンラインサイトについては以下の記事を参考にしてみてください‼

関連記事

ゴルフクラブ欲しいけど近くにゴルフショップがないんだよな…。出かけるのもめんどくさいし、最近コロナで人ごみの中に行きたくないし。今回はこんな疑問に答えていきます。ゴルフ用品買うとき、実際に試し打ちをしてみて、[…]

 

今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




最新情報をチェックしよう!